専門学校の利用が近道

ゲームする人

ゲームデザイナーになるには、ゲームについて、しっかりと勉強をしなければいけません。しかし、独学で勉強するのは難しいため、ゲームデザイナーコースがある専門学校に通ったほうがよいでしょう。ただし、ゲームデザイナーといってもプログラミングや3DCGクリエイターなど、いろいろな種類があるため、自身に合った専門学校を選ばなければいけません。ゲームを作るうえで必要な知識や技術を、すべて同時に学べる専門学校はないので気をつけましょう。自分がやりたいことをしっかりと自覚して、それを学べるゲームデザイナーコースがある専門学校を見つけるとよいです。途中でコース変更をするのは難しいため、後悔しないためには、ゲームにどのように関わりたいのかじっくりと考えましょう。

就職を考えよう

ゲーム機

専門学校で知識や技術をきちんと学んで卒業したとしても、自動的にゲームデザイナーになれるわけではありません。ゲームデザイナーになるには、ゲーム会社への就職を成功させる必要があるからです。とくに、有名な会社に就職して、ゲームデザイナーになりたいのなら、就職活動をしっかりとサポートしてくれる専門学校を選びましょう。世の中には、スマートフォンのゲームを作っている小さなゲーム会社も多数あるので、どこでもよいなら就職するのは難しくないかもしれません。しかし、大手となると、心強い就職活動サポートが用意されていなければ、入社するのは難しいといえます。そのため、専門学校を選ぶなら、出身者が働いている会社を調べて、就職活動サポートの実力を確かめましょう。

オープンキャンパスで雰囲気をチェック

ゲーム機

ゲームデザイナーになるには、学べる知識や技術も大切ですが、それよりも大事なのは最後まで通い続けられるかどうかです。せっかく入学したのに、通うのが嫌になったのでは、ゲームデザイナーになることはできません。もしも、どのような専門学校なのか知りたいのなら、オープンキャンパスで、ゲームデザイナーコースの実態を知るようにしましょう。多くの専門学校のオープンキャンパスでは、ゲーム製作の体験授業が行われているため、実際の雰囲気を確かめられます。もしも、参加してみて、雰囲気が合わないと感じたのなら、通い続けるのは難しいかもしれません。フィーリングも大事なので、しっかりと雰囲気を肌で感じ取って、自分に合ったところを見つけましょう。もちろん、立地条件も大切なため、自宅から通うのに、何かしらの問題がないか調べてみることをおすすめします。遠方にあるのに、公共交通機関がまったくない場所だと、専門学校に通うのが苦痛になってしまいます。

広告募集中